CLOSE
IZU
伊豆エリア一覧
Coupon

Coupon

わくわく、まとめ。

獲れたて新鮮をたっぷり堪能。深海魚も楽しめる駿河湾を味わう町「港八十三番地」
体験
レポート
更新日:2018年05月21日

獲れたて新鮮をたっぷり堪能。深海魚も楽しめる駿河湾を味わう町「港八十三番地」

駿河湾を味わう町「港八十三番地」。その名前は、特別な場所としてではなく、暮らしに溶け込んだ日常の一部でありたいという想いから名付けられた、この地の住所そのもの。それがまたオシャレに感じてしまいます。
お寿司、浜焼き、丼ぶり、ハンバーガー等の食を楽しむ店舗をはじめ、日本で唯一の「深海」に特化した「沼津港深海水族館」など全9施設が建ち並ぶ街では、駿河湾名物の「深海魚」を見たり食べたり、楽しむことができるのも魅力。お肉も大好きだけど、やっぱりお魚が大大大好き♡深海魚は初体験のミチとユリコが、美味しいものをおなかいっぱいお届けします♪

この記事を広めよう!

安くて、おいしくて、サービスがいい。そのコンセプトに、思わず納得!
地元の人にも愛される、みんなの港八十三番地。

体験レポートでも紹介している「沼津港深海水族館」をはじめ、海鮮焼き・回転寿司・海鮮丼・ハンバーガー・カフェ・おみやげ処を一気に楽しめる「駿河湾を味わう町」港八十三番地。
その入口は、観光客の撮影スポットとしても大人気です♪
沼津港深海水族館をレポートしてきたユカとバトンタッチ!ユリコが加わり、ミチと二人、この街の味わいを堪能しますヾ(*´Ο`*)/

自分で焼く、目の前で焼く。海鮮の香りと焼き上がる様に、大人も子供楽しい海鮮バーベキュー!

「駿河湾深海魚」というのぼりが目を引く「浜焼きしんちゃん」。この港八十三番地の中でも、常に賑わいを見せる人気店。浜焼き気分を味わえるということで、BBQ大好き♡の二人は、ワクワク・ドキドキ♪

「うわっ!美味しそう!!」
店外のパネルに心踊らせ、早速入店します♪

貝類・魚類・カニにイカなど、充実の浜焼きに加えて、お刺身・一品料理・焼き物など、メニュー表にビッシリの豊富な品揃えに驚き!
どれにしようか迷っちゃう~。
普段なら、目移りして決めれないところですが、「沼津港深海水族館」帰りのミチは即決!

駿河湾深海おまかせ盛り☆
本日の深海魚は、「深海エビ」、「小金目」、「デン」、「メヒカリ」、「メギス」の5種類。
お魚大好き♡の二人も、深海魚を口にするのは初体験!しかも一気に5種も食べれて、1,380円とはなんとも嬉しいお得なセットメニューです。どんなお味なのでしょうか!?楽しみです♪

まずは、店員さんオススメの「深海エビ」と「メギス」から焼き始めましょ♪
テーブル中央に埋め込まれた鉄板の上にキレイに並べたら、テーブル備え付けの沼津ブランド「戸田のお塩」を、パッ、パッと振りかけます。

はぁ~。エビさんの香ばしい、食欲を掻き立てる香りがしてきましたよ♡

うぅ~ん。素敵な焼き色★それでは、いただきまーす♪

未知の味との遭遇に、嬉し過ぎてテンション↑↑の二人。
「おいしい~~。」
深海エビ。見た目は、普段食べ慣れているエビですが、プリップリというよりは、柔らかな身質。噛めば噛むほどにエビの甘みが口に広がり、とぉ~っても美味であります(´∀`)♪
そして、メギス。脂ののり具合が絶品で、この小さな身にこれだけの旨味が詰まっていることに感動します。

深海エビ、メギスの美味しさに、次なる「小金目」、「デン」、「メヒカリ」への期待値が高まります。こちらも「戸田の塩」をパラパラして鉄板へGo!

焼いてみた感想。深海魚は、普通の魚よりもだいぶ身が柔らかいです!
う~ん、なかなか自分たちではうまく裏返えせそうにない( ;∀;)
そんな時は、Help me!店員さんに声をかけると、「お任せ下さい!」とヒョイヒョイ上手に裏返してくださいます♪さすがの手慣れたスゴ技に、ミチとユリコも拍手っ*・ω・)/

「焼けたかな~?焼けたよね~♪♪」
そんな自作の歌を歌ってしまう程、待ち遠しい。自分たちで焼いているからこそ味わえる「待つことさえも楽しい時間」ですよね♡
小金目は、この5種類の中では比較的しっかりとした身質。適度に脂がのっていて鮮度の良さを感じます。デンはふっくら(*´μ`*)、メヒカリはふわふわっとしていて、「深海魚って、こんなにも美味しいんだね。」と、初体験の味に感激しちゃいます。

まだまだ食べれちゃう♪深海魚の美味しさに、食欲スイッチon!

とりあえず貝3種盛り。
「サザエ」、「ハマグリ」、「ホタテ」それぞれ2個ずつがセットになって950円。このボリュームで、嬉しいお値段。これも直営店ならではですね♪

貝は、じっくり焼き上げ、テーブルのだし醤油をかけていただきます。

「実は、サザエを食べるの初めて☆」
そんなユリコの告白に、「なんでっ、こんなに美味しいのにっ。」と驚くミチ。確かにっ、この弾力と身の締まり・溢れ出る汁の旨味に、これまで食べてこなかった人生を後悔しちゃいます。

焼き立て熱々ジューシーなホタテをホクホク頬張り、海鮮BBQ見事完食です♪
二人だけでも、これだけトコトン盛り上がれる「浜焼き」。家族で、仲間で、大人数できたら、大盛り上がり間違いナシ!です。

浜焼き気分をupさせる漁師小屋風の雰囲気。店内には、マットで覆われたキッズスペースもあるから、パパさん・ママさんも安心して食事を楽しめますね♪

お腹いっぱいのハズじゃ…!?いやいや、まだまだ食べたい!食べれちゃうんです!!

「あぁー、お腹いっぱい!」
なんて言いつつも、まだまだ食べたくなっちゃう港八十三番地。
「だって、ご飯は食べてないもんね~。」
お米を食べていない=メインはこれからっ!ということで...
次に向かうは、創業100年以上の歴史を持つ「佐政水産」直営店の海鮮丼「佐政」で、朝獲り鮮魚の海鮮丼をいただきます♪

獲れたて深海魚が山盛りの「深海丼」。
テーブルに運ばれてきた瞬間、思わずため息がこぼれちゃう見た目です♡

高級ミナミマグロを使用した「上マグロ丼」。
ご飯の上に、びっしりミナミマグロが敷き詰められて、1,190円(税抜)とは、驚きです。
どちらも小付に「アジの干物」が付いていて、この干物が脂がのっていてこれまた美味しい。
さらにお味噌汁は、「めかぶ汁」・「あら汁」、+100円で「しじみ汁」から選べるのも嬉しい♪

これぞ、至福の時。
どちらのネタも驚くほど新鮮で、この場所このお店ならでは味わえる大満足の海鮮丼です。特に「深海丼」は、浜焼きしんちゃんで食べた深海魚たちの風味と身質とはまた違った美味しさを堪能することができました。

「あぁ、お腹いっぱい。」
今度こそは、ホントのほんとに美味しいもので満たされた満腹です。
ちなみに、お会計時「沼津港深海水族館」の入場チケットを提示すると割引があるのも嬉しいサービスです。

浜焼きしんちゃんと佐政。
今回は、この2店舗しか訪れることができなかったケレド、味はもちろん、お店の雰囲気、店員さんのサービス、そして価格全てに、お店の方のお客様への愛情と地元沼津への愛着を感じました。

今度は、また違う深海魚。食べたいな~(*´∨`*)

 

 

Digる公式SNSアカウント

  • 友だち追加