CLOSE
IZU
伊豆エリア一覧
Coupon

Coupon

わくわく、まとめ。

伊豆旅行中に1度は食べたい!地元民に愛されるソウルフード・B級グルメ
更新日:2018年05月29日

伊豆旅行中に1度は食べたい!地元民に愛されるソウルフード・B級グルメ

「郷に入っては郷に従え」なんて言葉もありますが、せっかく伊豆へ行くなら伊豆に昔から根付いたご当地ソウルフードを食べたい!地元民に愛され続ける名店の味を一挙にご紹介!

目次

この記事を広めよう!

西伊豆を代表するB級グルメ「西伊豆しおかつおうどん」素朴だけど塩加減がクセになる味

「しおかつお」は、西伊豆で古くからカツオを丸ごと塩漬けにした保存食。そして、地域の縁起物のお飾りとして家々に飾られてきた伝統品。

そんな潮かつおを刻み、茹でたてのうどんに鰹節・岩海苔とあわせダシで絡めたシンプルな一品。食べ方としては、元来のうどんよりもまぜそばに近いスタイル。鰹節や岩海苔、ダシとうどんをよく絡めながら豪快に口にほうり込めば、うどんのもちもち食感と塩加減、鰹節や岩海苔の風味が絶妙なクセになる味わい。

河津屋食堂では、しおかつお料理はもちろん、多種多様な定食も提供。地元民も観光客にも愛される料理がずらり。
最近では、B級グルメとしても注目される「しおかつおうどん」、西伊豆地域で約10店舗ほどがそれぞれの特徴をだしながら提供しております。

西伊豆の「ご当地焼きそば」は真っ黒なイカスミ麺が特徴的なボリューム満点「海賊焼」

イカスミが練り込んである真っ黒なやきそば麺が特徴的な西伊豆のご当地やきそば「海賊焼」は西伊豆地域で約6店舗ほどが提供しえているが、今回紹介は、西伊豆でも老舗の食堂「喜久屋」さん。お店により具材は異なるが、喜久屋では、イカとタケノコ・パプリカ・岩海苔・キャベツ・チンゲン菜と具だくさんでボリューム満点。

具材のイカと岩海苔にイカスミの風味、それにオイスターソースが絡まり、ソース焼きそばと言うよりは塩焼きそばに近い味付け。見た目とは裏腹にクセがなく、ほど良い磯の風味が味わえます。

孤独のグルメでも紹介された究極のシンプルisベスト。河津かどやの「わさび丼」

今や多くの観光客にその名を知られる河津のわさび丼。その火付け役ともなった人気グルメドラマ「孤独のグルメ」で紹介された「わさび園かどや」。
100年以上にわたり、わさび農家を営むかどやでは、わさびの直売、わさびの加工品や土産物、そして店内奥の食堂では、生わさびを自らがすりおろしながら食べる「生わさび丼」や「そば」が楽しめます。

ひとり一人に手渡される木製おろしとわさび1本。根元まで丸ごと豪快にすりおろしたら、炊きたてのご飯とたっぷりの鰹節の上に乗せ、周囲をグルっと醤油をたらして、お好みの分量のわさびと一緒に口の中へ。
生わさびならではの嫌みのない風味と辛みが鼻をツンとぬけ、なんとも言えない爽快な旨み。お好みで付け合わせのわさび味噌やわさび海苔、わさび漬けなどと一緒に食べるとまた違った風味が楽しめ、シンプルだけど深い味わい。まさにシンプルisベストな丼ぶりです。

東伊豆のソウルフードと言えば、大人も子供も大好き!「肉チャーハン」

現在では東伊豆の複数の店舗で工夫をこらして提供される肉チャーハン。そのルーツは東伊豆は稲取にある「かっぱ食堂」。
横浜で修業をした先代が創作した肉チャーハンは、玉子と一緒に炒めたシンプルな塩味の炒飯の上に、豚バラとキャベツ・季節の青菜を炒めたあんかけが豪快に乗せられ、見た目にもボリューム満点。

飾らない見た目と確かな味付けで、観光客はもちろん地元民にも愛される、稲取のソウルフード。

熱海で一番美味しい”熱海ブランド認定のイカメンチ” 一度食べたらやみつきになる旨さ!

観光地で有名な「熱海」にはとっておきの美味しいものが!それは「熱海ブランド認定のイカメンチ」。
熱海市網代に昔から伝わる家庭の味・母の味で、地元で水揚げされた新鮮な魚やイカをすり身にして揚げたり、焼いたり、茹でたりするご当地ものの伝統料理です。

熱海の風情ある銀座商店街にある「味里熱海店」や熱海市網代の「味里本店」で本物のイカメンチが食べられる!
アツアツ、ホクホク熱海ブランド認定のイカメンチを召し上がれ!

全国ご当地バーガーグランプリ全国2位を受賞した「THIS 伊豆しいたけバーガー」

伊豆美味しい食材を使用したご当地バーガー「THIS 伊豆しいたけバーガー」は肉厚なしいたけをふんだんに使用し、ジューシーで美味しい伊豆を代表とするグルメの一つです。

伊豆・村の駅にある「THIS 伊豆SHIITAKEバーガーキッチン」。
伊豆の肉厚な「しいたけ」や、「静岡茶」「わさび」「みしまコロッケ」を使用した自慢のご当地バーガーもぜひお試しください!

漁師めしとして知られる熱海の郷土料理「まご茶漬け」。隠れ家的な一軒家で最高のひと時を。

熱海名物であるB級グルメ「まご茶」。カツオと昆布でとった熱々のだし汁でいただくマグロのお茶漬けは絶品です。熱海へ観光や旅行に来た際にはぜひ食べてもらいたいグルメの一つ!

店名が「まご茶」を掲げる「まご茶亭」。まぐろを主とし地魚や海苔茶漬け処です。「山木旅館」の昼食処を独立させた和風造りでゆっくりとくつろげる一軒家です。

三島市のB級グルメといったら三島馬齢薯を使用した「ハート型三島コロッケ」

三島コロッケとは、三島市を代表するB級グルメの一つです。箱根西麓でとれた『三島馬鈴薯(メークイン)』を使用した三島で有名なご当地グルメです。黒毛和牛専門『大村精肉店』がつくる昔懐かしい味わいで形もかわいいハート型コロッケをご賞味下さい。


三島コロッケだけではなく、お肉専門店が造る総菜コーナーも充実のラインナップになります。

沼津市民のソウルフード!昭和39年以来地元で愛され続ける「桃屋のパン」

その歴史は東京オリンピックがかつて行われた昭和39年。以来、沼津では欠かせないソウルフードとして多くの方に愛され続けている「桃屋のたれ付きパン」は一度食べると忘れられず、今や県外からのリピーターも多く訪れる。

ノスタルジックなこちらの外観からも容易にそのおいしさが感じてとれる。ショーケースにぎっしりと並べられた総菜パンはもちろん、フライも絶品です。地元民がひっきりなしに訪れる「桃屋」へぜひ一度足をお運びください。

伊東市の漁師料理として慕われてきた「ねごめし」。美味しいを2回は楽しめる。

伊東市の漁師料理として慕われてきた「ねごめし」。「ねごめし」とは海鮮丼みたいなものですが,
美味しいを2回は楽しめる。最初は味噌をよけて海鮮丼で楽しむ、鮮度は抜群!次に「出し汁」をかけて,お茶づけのように食べます。本当に満足できる郷土料理です。

魚市場から直接新鮮な魚を仕入れ直販しておりますので食後はお土産も探せちゃいます。

 

Digる公式SNSアカウント

  • 友だち追加