CLOSE
IZU
伊豆エリア一覧
Coupon

Coupon

わくわく、まとめ。

ここは日本?日本離れした絶景の中、思い思いの嗜好を贅沢に満喫できる「中伊豆ワイナリーシャトーT.S」
体験
レポート
更新日:2018年05月08日

ここは日本?日本離れした絶景の中、思い思いの嗜好を贅沢に満喫できる「中伊豆ワイナリーシャトーT.S」

中伊豆の山の上に、広大なブドウ畑を有するワイナリー「中伊豆ワイナリーシャトーT.S」。結婚式場としても使用される建物からは、約10ヘクタールもの広大なブドウ畑や富士山などの美しく荘大な眺望を楽しむことができます。ワインの試飲やお買い物だけでなく、ウエスタン乗馬も体験できることから、子供にも人気のスポット!
ワインの知識はないケレド、「試飲」・「試食」というキーワード大好き!ユリコとユカが繰り出します♪

この記事を広めよう!

もっと美味しい!より楽しい♪全てをレベルアップさせるご機嫌の景観☆

山道をクネクネ登り、頂上へ。標高約290m。見渡せば自然。見上げれば青空。景色を隔てるものが何もなくて、なんて清々しい解放感!うぅ~ん。空気が美味しい♪

「ねぇねぇ、日本じゃないみたいだよ。なんか高まるっ!」
カリフォルニア・ナパバレーを彷彿させる、なんとも心揺さぶる外観に二人の期待値もmaxです♪

まずは、南アルプスや富士山まで、パノラマで景色を楽しめる展望スペースへ。
見下ろせば、広さ10ヘクタールのブドウ畑。上も下も右も左も、とにかく目に入るもの全てが絶景☆。
このブドウ畑では、ワインに使用されるシャルドネ、メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨンなどの品種が育てられているそうです。訪れる季節によって、一面緑のぶどう畑が一望できたり、色づく葡萄の実を鑑賞できたり、自然の彩りも楽しめそう♪

本日のお目当てNo.1!
プレミアムテイスティングコーナー。

コンクール受賞ワインをはじめ、色・風味種類様々なおすすめワインを試飲できちゃいます。どれにしようかな??

ここはプロにお任せしよう!
ということで、スタッフの方に味の好みを伝えると、巨峰で作られたとても珍しい「シャトーT.Sスパークリングワイン」をチョイスしてくださいました。
巨峰って、中伊豆が発祥の地なんですって!知らなかった…

「うわっ。飲みやすくて美味しい!」
ワインの知識がない二人にも、はっきり分かる葡萄の旨み。あまぁ~い香りがふわっと広がり、後味スッキリ。

1グラス100円、200円でティスティングできるから、いろいろ試せるのも嬉しいですね♪
端から端まで全部飲んでみたい・・・、正直そんな気持ちです。
いやいやっ、まだレポートは始まったばかりですから...

建物の地下では、ワイン工場の見学もできちゃいます。
この日はあいにく稼働している様子は見れなかったケレド、タイミングがいいとワインの瓶詰作業やタンクへの仕込みの様子を見ることができるんです。

「志太コレクションセラー」は必見ですよ!

ワイン工場から順路に沿って足を進めると、映画のセットのような趣あるワインセラーを発見!
「入ってもOKなところなのかな?」
恐る恐る扉を開けると、そこはまさに映画の世界。温度・湿度が調整されたヒンヤリ気持ちイイこのセラーには、施設のオーナーさんコレクションの貴重なワインがズラリと貯蔵されています。中には、1050万円で落札されたという約150年前のワインも…。この雰囲気は、ここでしか味わえません!

豊富な品揃え!ワイン好きも唸らす、お気に入りの1本が見つかります♪

美しくワインが陳列された「ワインショップ」。
ソムリエおすすめのワインから、みんなで楽しめるお手軽ワインまで、自分の好みが必ず見つかる程の品揃えに、見ているだけでも楽しい♪

「んっ??ここにもあるよ!試飲コーナー。」
なんと、ショップの奥にもテイスティングコーナーがあるではないですかっ!しかも無料です♪
白・赤数種類のワインをはじめ、運転のある人・お酒の苦手な人にも嬉しい「葡萄ジュース」や「ぶどう酢」が楽しめます。
ホントは、全種類制覇したいところですが、今日のところは我慢、ガマン。

贅沢な食事と、とびきりの景色を一緒に「いただきまぁーす♪」

併設されたシャトー・レストラン「ナパ・バレー」。
伊豆・箱根などの地元食材を贅沢に使用したメニューは、彩り豊かで目にも美味しいと地元の人にも愛されています。そして美しいのはお料理だけではありません!目の前に広がるブドウ畑と富士山のコラボ景色。これは一番のご馳走ですよ。

「こんなに贅沢な時間を過ごせるなんて…いいのでしょうか…」
ユカも恐縮しちゃうくらい、なんとも言えない幸福感で満たされます。

さつまいものポタージュに始まり、パン・シャッキシャキの新鮮サラダ・トマトのパスタに〆は香り立つコーヒー。どれもお野菜の甘味と旨味をダイレクトに感じる美味しさです。

馬って、素晴らしい。瞳の美しさにハートをグッとつかまれちゃう。

「あー。気持ちいいーー!。」
あまりの解放感に叫びたくなります。
2016年12月にOPENした施設内にある牧場「サンシャインステーブルスワイナリーヒルズランチ」では、本格ウエスタン乗馬にも挑戦できちゃいます。ちょっと敷居が高く感じちゃうブリティッシュスタイルとは違い、シャツにジーンズ、足元はウエスタンブーツというラフなスタイルで乗馬を気軽に楽しめます。
九十九里の名門乗馬クラブのインストラクターさんが、ばっちりレッスンしてくれるから、初心者でも安心ですね。

入口には、美術大学の学生さんが描いた壁画がっ。雰囲気あり過ぎです!思わずポーズをとりたくなっちゃう撮影スポット♪

かわいいねぇ。あぁ~。本当に癒される。
愛くるしい瞳で、こんなに側まで近寄って来てくれます。筋肉質な肉体美をこんなに間近で観察できるのも魅力的♡

馬舎を見学することもできます。
格子から顔を覗かせる表情は、1頭1頭さまざま。馬の息づかいをこんな至近距離で体感できるなんて、感激しちゃいますよ。

こちらはラングラーくん。とっても人に慣れていて、おとなしくて、かわいい。

馬との触れ合いを存分に楽しみ、名残惜しくもお別れの時間。
「今度は、乗らせてね♪」
乗馬のお約束をして、バイバイ(ヾ(´・ω・`)

ワインや乗馬。私たちには、少し縁遠く感じていたけれど、こんなにも思いっきり楽しみ、体中が幸せで満たされちゃいました。贅沢な時間を過ごすって、ココロの栄養になりますね♪

Digる公式SNSアカウント

  • 友だち追加