CLOSE
IZU
伊豆エリア一覧
Coupon

Coupon

わくわく、まとめ。

Digる編集部の「居酒屋放浪記」@三島広小路駅編
更新日:2019年06月05日

Digる編集部の「居酒屋放浪記」@三島広小路駅編

酒場とういう聖地へ酒を求め、肴を求めさまよう・・・。

食べログにも載らない、地元民しかしらない、観光客には教えたくない、伊豆エリアにある本当に旨い居酒屋を放浪します。

目次

カウンターの目の前で揚げる串揚げが絶品すぎる「のんき」

お店に入る間から旨そうなオーラ100点満点のこの門構え。
三島市内では珍しい串揚げの専門店である。

カウンターに座ると目の前にはどれも旨そうな食材が詰まったネタケースが。
串揚げが出てくるまでの間は、このネタケースを眺めながらビールが2杯飲めます。

席に座るや否や、飲み物の注文とお通しが出てくる。
しかもこのキャベツはおかわり自由というのもたまらない。
当然飲み物はビールをチョイス。

おすすめは「盛り合わせ十本(980円)。この味・このボリューム・この満足感で980円はのんべえたちの心をつかんで離さない。

「食べなくてもわかる、うまいやつや~ん。」と言わんばかりのシイタケの肉詰め。
のんきへ行ったのならぜひとも召し上がっていただきたい逸品。

いろんなひとがあつまる路地裏の小さなカウンターバー「テケバー」

居酒屋へ行く理由の一つには、うまい酒や、うまい肴だけでなく、人との出会いがあると思う。
テケバーには毎日いろんな人が入れ替わり立ち代わり集まってくる。
店内の雰囲気はアジアンな雰囲気とママさんのお人柄もあっていつもあたたかい。

本日のTEKEママの「ちょいつまみ」はタンドリーチキンだというので早速注文。

間違いないうまさだ。しっかりとスパイスの味がしみ込んだ本格的なタンドリーチキンが酒のつまみとして出てくるお店はそうそうない。

そして、テケバーに来たら絶対に食べていただきたいのは「カレー」である。
酒のつまみとしての「おつまみカレー」だけでなく、がっつり食べたい方にはカレーライスもあるので、おなかの具合と相談して、どちらか一品は召し上がっていただきたい。
うまい料理にうまい酒、そしてあったかいお客さんとの出会いがまたテケバーに行きたくなる理由だ。

樽生クラフトビールと地元食材のスパニッシュ料理「MARU MARU」

編集部きってのビール党が選んだこちらの「MARU MARU」は厳選されたクラフトビールを樽生から提供してくれる広小路駅周辺では珍しいお店。
数あるクラフトビールの中から1杯目は「がんこおやじのパレィワイン」をチョイス。

1杯目のビールと共に、サッとお通しを運んでくれるのだが、これがまたうまい!
お通しで3杯飲めるクオリティ。

つまみに選んだのは「きまぐれタパス3種盛り(780円)」。
これが、お酒のつまみにピッタリなものだけを詰め込んだ宝石箱。
恐らくこのワンプレートで3時間飲める。それほどにお酒との相性が抜群だ。

ビールのメニューも日々変わっているので、何度でも足を運びたいお店です。

一品一品にママさんの愛を感じる、酒屋が営む「酒処つちや(土屋酒店)」

焼き物は「豚串」と「つくね」をチョイス。この豚串は、しっかりとした歯ごたえの後にジュワ~っという肉汁があふれる編集部イチオシの逸品。この豚串を食べに酒処つちやへ行くといっても過言ではない。

紅しょうがのたっぷり入った玉子焼きは、酒のつまみに抜群。
卵本来の風味を残しつつも、そこにはママさん独自の隠し味がしっかりと詰まっている。

酒屋さんが営む酒処なので、お酒の種類も豊富なのはもちろん、ママさんの手作り料理はどれも絶品。なんといってもママさんの笑顔が素敵なお店です。
誰にも教えたくなかった名店ですが、今回初めてご紹介。

広小路駅周辺で飲んだ後は決まって「英喜家」の「つけざる」

お酒を飲んだ後にラーメンを食べたくなる衝動は、抑えられない。
英喜家の細くてつるっとした麺は、飲んだ後の締めにぴったりと合うんです。

最後にラーメンで締めたい衝動を抑えられない方必見です。

Digる公式SNSアカウント

  • 友だち追加